従来のダイヤモンドの評価基準 ”4C”

Carat カラット  


カラットはダイヤモンドの重さを表す単位で「ct」と表示されます。
1ct=0.2g

Color カラー  


カラーは無色に近いほど希少性が高く、アルファベットの「D」から始まります。

表

Clarity クラリティー  


クラリティはダイヤモンドの透明度を表します。
10倍の顕微鏡でダイヤモンドの中のキズや内包物の有無により判定し、11段階に等級付けされています。

表

Cut  カット  


カットはダイヤモンドのプロポーションと研磨の技術的な評価で、エクセレントからプアまでの5段階に等級付けされています。カットの違いで大きな差がでます。

表

O.E.(Over Excellent)理論によりカットされた“O.E.カットダイヤモンド”は、

 


・従来のエクセレントを超える輝き、きらめき、色づきです。(カット基準を超えた美しさがあります。)
・反射光がより白く輝きます。(カラー基準を超えた美しさがあります。)
・同じカラットでは、直径が大きくなります。(カラット基準を超えた美しさがあります。)
・周囲まで輝く為、さらに大きく感じられます。(カラット基準を超えた美しさがあります。)